衛生管理への取り組み

私たち輸送サービスの提供に務める事業者に限らず、あらゆる事業者において、そこで働く方々を災害や疾病から守るため、安全教育、健康保持の教育、健康診断などを行ったり、そのために必要な施設を作ったり、措置を講じたりすること、いわゆる衛生管理への取り組みも非常に重要な企業使命です。
ここでは、当社の衛生管理への取り組みをご紹介します。

定期健康診断の実施

定期健康診断の実施

すべての役員・従業員を対象に、定期健康診断を行っております。夜間運行が伴うドライバーには年2回実施しております。
検査の結果、再検査が必要な場合等には、産業医による指導を実施しております。

産業医によるカウンセリング

産業医によるカウンセリング

1ヶ月に1度、産業医にご来社いただき、カウンセリングを実施していただいております。
健康診断をはじめ、その他取り組みに対するフォローも行っていただいております。

安全衛生会議の定期実施

安全衛生会議の定期実施

年間策定計画に従い、定期的に事故防止勉強会と併せて、安全衛生会議を実施しております。
安全衛生会議では、各種専門家を講師に招くなどし、全従業員の衛生管理への意識と理解を深めます。

メンタルヘルス講習会の開催

メンタルヘルス講習会の開催

事故防止勉強会において、メンタルヘルス対策支援センターの促進員様をお招きし、心の健康管理への取り組みの重要性についてお話いただきました。
今後は社内相談所の開設を検討し、専門機関との連携を深めて参りたいと考えております。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査の実施

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査の実施

半年にわたり、各ドライバーに睡眠中において検査を実施し、目立った異常が見られたドライバーがいた場合、少しでも不安のあるドライバーがいた場合は、産業医より指導をいただくこととしております。